吉備路散策

吉備国分寺の周りには古代吉備王国を感じさせてくれる所がいくつもあります。

『真金吹く吉備の中山帯にせる細谷川の音のさやけさ』とうたわれているように、鉄が採れ製鉄技術が進んでいた為、古代吉備王国は大和政権に匹敵する勢力を持っており、天皇家との関わりが強かったようです。応神天皇と兄媛(えひめ)、仁徳天皇と黒比売(くろひめ)、雄略天皇と稚媛(わかひめ)が登場しロマンを追います。なかでも仁徳天皇が黒比売にうたったとされる『山縣(やまがた)に 蒔ける菘菜(あおな=菜の花)も 吉備人と 共にし採めば 楽しくもあるか』は有名です。

吉備国分寺の周りに春になると菜の花が咲き乱れます。菜の花を眺めながらこの詩を思い出してください。一層古代吉備の世界に惹かれます。

江崎古墳は6世紀最後の前方後円墳といわれており、石室や石棺はとてもきれいです(現在は立ち入り禁止)。中には夫婦だったのでしょうか、男女の遺骨があったそうです。黄泉国でも連れ添いたかったのでしょうね。
吉備路散策の折は江崎古墳に是非訪れて下さい。
吉備路散策に役立つサイトをご紹介します。

● 総社市公式観光ウェブサイト
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko

● 古代吉備の国ジオラマ(秦歴史遺産保存協議会作成)

●    日本遺産認定
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko_project/kanko/kannkou_bunnka/nihonisan.html

  • 【HD】江崎古墳 岡山県総社市 YouTube

  • 県指定 江崎古墳総社市

http://www.city.soja.okayama.jp/bunka/kanko/shitei_bunkazai/ken/ken_13.html

  • 平成23年度 岡山市埋蔵文化財センター講座 古墳時代後期の石棺にみる吉備の歴史
    (草原 孝典氏)

http://www.city.okayama.jp/contents/000110739.pdf

*瀬戸大橋を渡るときはミシュランガイドに掲載された高松栗林公園がおすすめです
  • 高松市観光コンベンションビュ―ローhttps://www.takamatsu-kankou.net/about/detail/4
  • 香川県高松市の盆栽は有名で最近では海外からのファンが多く訪れます。中でも
    ヨーロッパの愛好家は年々増えており輸出も増加し高松盆栽は八割を占めるほど
    です。今回「高松BONSAI大使」の大里菜桜さんがBONSAIをアピールする
    可愛い踊りをyoutubeに披露してくれました。ご覧ください
    https://youtu.be/xkuUf8MjQFM